どんな肌タイプにも美肌のためのナチュラル保湿

どんなタイプの肌にも保湿は必要です。
「え、でも私はニキビがすごいから」と思っている方でも、保湿はマストです。

 
そんなどんな肌タイプにも必要なナチュラルな肌の保湿の仕方をご紹介したいと思います。

1.ノーマル肌は中から保湿する

ノーマル肌というのは、保湿に関しては「ちょうどよい」状態を保っているということですから、逆に保湿し過ぎたり手を抜いてしまうと、そのバランスが一気に崩れてしまいます。

 
そんな人は、だいぶ前から話題になっている、朝一に白湯を飲む、もしくは、常に水かレモン水を持ち歩いて飲むようにしましょう。
ちなみに、水はペットボトルの物を飲むのであれば、冷やさないでください。

 
冷やした瞬間に、そこに含まれている良い成分が失われますので、常温がベストです。
そして、最近、ビタミンが足りないなとか、ビタミン不足になりたくないならばレモンをスライスしたものを入れて飲むだけでビタミン補給、体の水分保持にも効果的です。

2.超乾燥肌の人は外と中から保湿する

超がつくほど乾燥肌だとか、大人のアトピー肌だという方は、外の中、どちらからも保湿をしてあげましょう。
まずは、はちみつとアボカドという、脂質たっぷり、ビタミンと保湿力たっぷりな成分が含まれているこれらの2つを混ぜ合わせます。

 
そこに無糖のヨーグルトを足せばより効果的です。
それを顔にべったりとつけて、10分くらい放置した後に32度くらいのぬるま湯で洗い流します。

 
そうするだけですぐに肌がすべすべになる上に、保湿効果抜群です。
さらに、それらを毎日摂取するようにしましょう。
他にも、水やビタミンたっぷりのフレッシュジュース(搾りたてがベスト)を飲めば、ビタミンもとれ、保湿効果もばっちりです。

3.オイリー肌の保湿

オイリー肌の方は、アボカドパックなどは逆効果になりますので、絶対にやめましょう。

 
単純に水分が多い食物を使ったフェイスパックは、オイリー肌の人であってもできる保湿パックですので、きゅりをスライス、もしくはすりおろしたものをお風呂で顔に塗りつけて最後に洗い流しましょう。

 
もしくは、肌に栄養素と水分を与えるために、レモンスライスを顔においてパックしてあげるだけでも、オイリー肌には十分な保湿効果が表れます。

 

どんな肌質でも保湿は必要です。
アンチエイジングのためにも、これらの保湿方法をそれぞれの肌質に合わせてやると、きれいなお肌がキープできるので、試してみてください。

 

参考:日本スキンケア協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です