紫外線の影響|美白ケアとして大切な知識

紫外線は美白やアンチエイジングにとって厄介なものです。
そんな紫外線には具体的にどんな影響があるのでしょうか。
今回は紫外線の影響についてご紹介していきます。

1、肌への悪影響

影響を与える紫外線は現在、主に紫外線B波と紫外線A波の2種類とされています。

 

ひりひりと痛い日焼けの原因となるのは、紫外線B波です。
紫外線B波は肌の表面に炎症を起こします。

 

紫外線B波を浴びると紫外線から皮膚を守る為、肌を黒くさせるメラニンが精製されます。
しかし、メラニンが精製されすぎるとシミやそばかすの原因のひとつになります。

 

紫外線A波は紫外線B波よりも有害性は低いとされていますが、肌の奥深くの真皮まで到達してコラーゲン組織を破壊します。
その結果、シワやたるみの原因になります。

 

この他に紫外線C波というのもありますが、これはオゾン層に遮られて殆ど到達しないということですから、主に紫外線A波・B波に気を付ければ良いようです。

 

どちらも美肌やアンチエイジングにとっては厄介なものです。

2、健康への悪影響

紫外線は肌だけでなく、健康への影響もあるとされています。

 

有名なのは皮膚がんです。
皮膚がんは紫外線B波が主な原因です。

 

白内障も紫外線の影響が大きいとされています。

浴びすぎると活性酸素が増えて免疫力が低下しますから、風邪やヘルペスなど様々な症状が出ます。

 

また、紫外線アレルギーもあります。
紫外線アレルギーは日光を浴びると湿疹やかゆみなどのアレルギー症状が出て、
酷くなると蕁麻疹も発症してしまいます。

 

アレルギーは発症してしまうと、紫外線を浴びるごとに悪化します。

アレルギーの発症を避けるためにも、紫外線の浴びすぎは控えた方が良いでしょう。

3、紫外線には良い影響もある

紫外線には有害性がありますが、良い影響もあります。

適度な紫外線はビタミンDを精製し、カルシウムの吸収率が上がり骨を強くしてくれます。

 

また、紫外線には殺菌効果があります。
靴や布団など、洗いにくいものも日光が殺菌してくれます。

 

精神にも良い影響があります。
適度な日光浴はセロトニンを分泌させ、体内のリズムを正常化してくれます。

 

朝に紫外線を浴びてセロトニンの働きが活発になると、夜には睡眠を促すメラトニンが分泌されます。
質の良い睡眠に直結してますから、精神の安定に効果があります。

 

今回は、紫外線の影響についてご紹介してきましたが如何でしたでしょうか。

紫外線は有害な面もありますが、良い効果もあります。
上手に利用して付き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です